2014年の実行委員

  委員長

近藤俊介

シロロデザインスタジオ
あさひかわを拠点に、モノやカタチ、固定概念にとらわれることなく、日々の暮らしをより面白く、楽しくするために、ひと味添える道具や空間を生みだしていくことを心がけて活動しています。
副委員長

萩原 修

シュウヘンカ
「つかう」と「つくる」をつなげる様々なプロジェクトを立ち上げ、育てています。09年、旭川の魅力にとりつかれ、みんなといっしょに「AMCC」を立ち上げることになりました。いつかは、旭川に住んでみたいなあ

 会計

ヨシダナオト

to-mo-ni
2007年秋よりウッドを基軸に展開するブランド「to-mo-ni(トモニ)」を運営中。また、旭川の木工を世界へ紹介する取り組みなども行っています。
 監事

小助川泰介

AISU project
「使い捨てない、長く愛す」をテーマに、旭川で家具の企画・製作をしています。
 

あき

旭川市工芸センター
出会いに感謝&作り手を元気に&森と人とをつなげたいと思っています。

 

磯野梨影

ペアーデザインスタジオ
日々、くらしに心地よいものづくりについて考えています。
こどもと一緒の暮らしを考える「コド・モノ・コト」の人でもあります。
 

井上寛之

工房 灯のたね
木製の照明器具を主に製作中。
 

猪川達也

旭川市工芸センター
平成26年度から旭川市工芸センターで勤務しています。現在旭川の木工等について勉強中です。

 

木村亮三

GAUZY CALM WORKS
使い手との人間らしい関わりを持って、細部まで気持ちの入った木製家具を設計、製作しています。
日々楽しみながら、心を込めて製作しています
 

熊野浩司

 
広島県出身 モノ作り大好き。楽しいキャンプにしましょう!
 

桑原 強

匠工芸
お客様の笑顔が見たい。見られる場所にいたい、と思いながら仕事をしています。
ものづくりの裏には人のつながりが沢山あることを知った今では、いろんな人と知り合いたい今日この頃です。

 

ゲンママコト

デザイン事務所カギカッコ
アサヒカワのアートディレクター、グラフィックデザイナーです。「北海道のいいものを北海道のそとに売る」ことに力をいれています。そのおかげでパッケージやブランディングにかかわる仕事が多い今日このごろです。
 

ごとうてつのり

旭川市 産業振興課
地場産業である木工産業が元気になる為活動中。旭川で夏にお会いできる事を楽しみしています。
 

塩飽大輔

旭川市工芸センター
2012年春、工芸センターへ。皆さんと力を合わせて、旭川の木工を盛り上げます。

 

日野明子

スタジオ木瓜(ぼけ)
幼少期、折り紙の鶴を折るのに挫折してから、
つくるより、つくる作業を見るのと、つくる人としゃべることが専門となりました。
木工キャンプに10年通ったら五十路かぁ…
※萩原修さん企画で書いた「うつわの手帖1-お茶」「うつわの手帖2-ごはん」がラトルズより発売中。
 

まつお たくや

フォーデザイン合同会社
国際コミュニケーションとグローバル・ビジネスの実践経験を活かしつつ、旭川をはじめとする、海外進出で世界展開を目指す手工業品メーカー、作り手の流通・販売戦略に関するお手伝いをしていいます。
 

丸一直哉

(有)TUC
普段はNC工作機を用いた部材加工を専門に行っておりますが、驚きとひらめきを与えられるようなモノづくりが出来ないかと日々修行中です。

 

室岩成暢

(株)クリエイトファニチャー
家具産地旭川で民芸家具を軸に幅広く製品開発と製造・販売をしております。ものづくりを通して色々な人と繋がっていきたいと考えています。
 

八重樫愉子

 
微力ながらお手伝い。
 

山崎 宏

ヤマサキデザインワークス
1970年 神戸市生まれ
プロダクトデザイナー。

サポートメンバー
青柳勲(工房アームズ)、いしづかゆり(tek)、伊庭崇人(家具工房 伊庭善)、大治将典(Oji & Design)、小野里奈(rinao design)
佐々木雄二郎(ササキ工芸)、杉本啓維(旭川家具工業協同組合)、大門和真(アートクラフト・バウ工房)
高橋秀寿(有限会社 高橋工芸)、丹野雅景(丹野雅景 木工デザイン製作所)、堀内亜理子(北のうるし+なおしhalico)

(五十音順)

Design
ロゴデザイン:大治将典(Oji & Design)
WEBデザイン:ヤマグチカヨ、山崎喜一郎、近藤俊介
過去の実行委員:

2015年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年