2009年の様子(7月16日から18日)

工場・工房見学 16日、17日

AMCC初年度は、旭川地域の木工に携わるクラフト・家具工房・工場をより多く知ってもらおうと、2009年7月16日‐17日の2日をかけて、併せて15軒の木材・合板の製作所を見て回りました。
●見学先(順不同) コサイン・メーべルトーコー・カンディハウス・山田木材・広葉樹合板・高橋工芸・北匠工房・北嶺工匠・ササキ工芸・TUC・ウッドワーク・インテリアナス・バウ工房・匠工芸

森づくりワークショップ ”森について考える” 17日

もりねっとhokkaidoの陣内さんの案内で広葉樹の森の中に入り、お話を伺いながら、
実際に木を切ることによって「森の成長を助け、生産性の高い森にしていくこと。」
「私たちが使う木材は,どんなふうに育っているのだろう。」「少しでも循環型の形ができないか。」
考え、実行することをみんなで体感できました。 もりねっとhokkaido

交流会 16日:海鮮バーベキュー、17日:ジンギスカン

東京からはるばる旭川までやってきてくれた方たちと、地元旭川をはじめ
札幌からの参加を含め、約80名ほどの方が集まり「旭川について」「木工について」
「デザインについて」現実と夢について語り合いました。

ほろよいセミナー 17日夕方:株式会社匠工芸ショールーム

萩原修さんの司会で、旭川のつくり手と、東京のデザイナー数名による
トークセッションを行いました。木の製品が“かたち”になるまでの苦労話や、
これからの旭川の木工についてなど、まじめに語り合いました。

自由行動 18日

帰りの飛行機に乗るまでの時間レンタカーをかりて富良野まで出かけたり、
佐藤(Craft & Planning)さん宅にてマキわりに励んだりして、
のんびりと過ごしました。

2014年の様子 2013年の様子 2012年の様子 2011年の様子 2010年の様子